特長

A-LOCKY.netの特長

    • クライアントに暗号化ソフトをインストールして頂くだけで、共有サーバー上のデータを暗号化します。
    • ネットワーク接続やメールの送受信、可搬媒体への書き込み、印刷制限も可能。
    • USBキーにアクセス権限を付与し、ユーザ毎にアクセスできるフォルダを作成できます。

特長1:データの暗号化

  • 大切なファイルをサーバのセキュア領域にドラッグ&ドロップするだけで誰でも簡単にファイルの暗号化が可能です。

特長2:高次元のアクセス制御

  • ファイルへのアクセス制限やインターネットやメールの禁止、可搬記憶媒体への書き込み、印刷制御まで多種多様な制御が可能。

特長3:操作ログの採取

  • ファイルへのアクセスやユーザの操作履歴を自動的に採取し、管理者へレポーティング。

特長4:センターステーション機能(オプション)

  • 分散しているネットワーク共有サーバの情報を一元的に収集し、管理します。

特長5:ユーザ認証機能

  • USBキーによるユーザ認証が可能です。
  • その認証情報によるアクセス制限がかけられます。

基本機能

A-LOCKY.net の基本機能

アクセス制御

  • USBキーを使用することで、不正アクセスを禁止できます。
  • 重要ファイルへのアクセスを制限

暗号化(SSSサーバ機能)

  • 重要ファイルをサーバのセキュア領域にドラッグ&ドロップするだけで全てのデータを自動的に暗号化
    ※ SSSサーバ機能:SecureServerSysytem

インターネット・メールの利用制御

  • USBキー利用時、インターネットアクセスやEメールの利用制限

外部可搬記憶媒体の利用制限

  • USBキー利用時、外部記憶媒体によるデータ持出しを制限

アプリケーション制御

  • USBキー利用時、不必要なアプリケーションの起動を制限

様々なコピー機能の禁止

  • USBキー利用時、コピー&ペーストやスクリーンショット、名前を付けて保存の操作制限

印刷機能の制限

  • USBキー利用時、印刷機能を制限

ログ管理

  • 万が一の場合の処置を迅速、且つ的確に行うための、ログ収集。
  • センターステーション機能(オプション)により分散サーバの一元管理も可能。

データの持ち出し制限

  • A-LOCKY Transporter(当社製品)との連携によるデータ持出しの安全性向上

基本仕様

A-LOCKY.net の基本仕様|サーバ必要スペック

必要CPUスペック

  • OS推奨以上

必要ディスク容量

  • 20MB以上の空き容量(共有フォルダ/ログサーバー作成時にはデータで利用するサイズの空き容量が必要です)

対応OS

    • Windows Server 2008 R2、2012 R2

※ 本仕様はA-LOCKY.netをインストールし、利用可能とするための必要最低限の仕様となります。
※ ログ保存等のためのハードディスクのサイジングについてはお客様の利用環境に応じて必要となります。

A-LOCKY.net の基本仕様|クライアント必要スペック

必要CPUスペック

  • OS推奨以上

必要ディスク容量:

  • 20MB以上の空き容量(ローカルデスクフォルダを作成する場合、利用するサイズの空き容量が必要です)

対応OS

  • Windows Vista、7、8.1、10 (各32bit/64bit対応)

構成例

構成例

オプション

オプション

オプション1|センターステーション機能

  • イントラネット上の各拠点のSSSサーバのログをセンターステーションで抽出し、一元管理。
  • イントラネット上のA-LOCKY.netのユーザー情報を一元管理。
  • ユーザ情報の変更(入社、退職、転勤等)が容易。
  • イントラネット上のA-LOCKY.netのユーザセキュリティエリア(暗号化エリア)を一元管理。





オプション2|データ持ち出しオプション

A-LOCKY Transporter

  • A-LOCKY Transporter(エーロッキートランスポーター)は、市販またはお手持ちのUSBメモリーにインストールするだけで、持出すファイルを暗号化し、移動先や持ち出し先でも安心して重要なファイルを扱えます。