Message Linker 1

Message Linker 1(メッセージリンカーワン/IFT-ML1)は、MQTT対応の IoT情報収集ゲートウェイです。

概要

Message Linker 1は、アナログやデジタル出力を持つ各種センサーからのデータを取得したり、遠隔地からの制御可能な出力を装備しています。ゲートウェイで収集したデータをサーバー側で蓄積・解析し、その結果で端末の出力を制御する事が可能なインターフェイスを備えている製品です。

特長1

センサー入力、制御出力

センサー入力

センサー入力は、アナログ入力・デジタル入力があり、アナログ入力は4-20mAの電流モードにも対応しているためノイズの多い環境でのデーター収集にも対応ができます。

【アナログ入力】

  • 8ポートアナログ入力で、電圧入力又は4-20mA入力の切替えが可能です。
  • 測定範囲は、+5V~ー5Vの範囲でデータの取集が可能です。
  • 測定誤差は、+/-3mVです。
  • 機器内部の環境センサーとして、温度、湿度、気圧の情報を取得可能です。

【デジタル入力】

  • インターフェイスは、フォトカプラ入力で、8ポートのデジタル入力が可能です。
  • 接続される機器の出力によって、A又はB接点の切り替えをスイッチによって可能です。

制御出力

制御出力は、リレー出力があり、サーバー側からの制御が可能です

  • リレー出力は、4ポートありA接点/B接点/コモンの出力がありますので制御機器に合わせて選択が可能です。
  • 外部回路駆動用の電圧出力端子を備えております。

特長2

端末からのデータ取集

データ送信・受信

 収集したセンサーデーターは、MQTTプロトコルでサーバーに送信され、ゲートウェイ端末の制御や各種パラメータ設定はサーバー側から

 MQTTプロトコルで受け取ります。

  • 定期的にユニークな端末コードを送信でき、送信間隔を設定可能です。
  • アナログ、デジタルそれぞれ8ポートに個別の送信間隔を設定可能です。
  • アナログ8ポートの中なら選択したポートのデータをまとめて、設定した送信間隔で送信可能です。
  • デジタル8ポート全ての状態をまとめて、設定した送信間隔で送信可能です。
  • 端末からのデータ送信は、データーベースとの連携がしやすいJSON形式です。

カタログ資料ダウンロード

  デモ対応や価格については、弊社までお問い合わせください。 

お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-26-5134 または