IFT-KME

キーボードマウスエミュレータ(IFT-KME)は、ホストPCからリモートPCのキーボード&マウスを遠隔操作するためのエミュレータボックスです。

概要

IFT-KME は、制御対象のPCや機器にUSBで接続し制御PCから容易にキーボード&マウスの遠隔操作を開始できます。
工場などでの単純な繰り返し作業や、決まった操作を制御PCに任せることができます。
また、会議場などでのプレゼンシーンでは、プレゼンターがパソコンを操作することなくアシスタントが離れた場所からプレゼンター用PCのキーボード&マウスを共有して進行することができます。

製品の特長

キーボードマウスエミュレータ(IFT-KME)の特長

手元のPCから離れたPCや機器をリモート操作

  • 離れたPCや機器のサポート、操作が可能になります

すぐに使える

  • 遠隔操作される側のPC、機器には、ソフトのインストールは不要です
  • USB端子に接続するだけで、すぐにご利用いただけます

高度に使える

  • 複数のPCを同時に制御することも可能です
  • キーボード&マウスを共有して、あらゆるアプリケーションを遠隔操作することができます

安心して使える

  • ネットワークを利用したリモート操作ソフトと違いUSB接続のためセキュリティの心配無し

Windowsやその他OS、アプリケーションで利用可能

  • 本製品はHIDキーボード・HID準拠マウスとして認識されますので、  FA機器 、事務機器 、ロボット  、医療機器 、 情報通信機器 、アミューズメント機器など様々なシーンでブラックBOX化された製品でも制御することができます

検証機で動作確認いただけます

  • 検証機をお貸し出しいたしますので、事前に動作確認されることをお勧めいたします

外観

外観

主な仕様

主な仕様(IFT-KME)

通信方式 Host側 RS-232C / 1ポート / クロス接続
  Remote側 USB1.1 / 1ポート
認識
デバイス
USB接続しているPCのデバイスマネージャーには、
以下のように認識
  キーボード HIDキーボード
  マウス HID準拠マウス
ソフトウエア 指定URLよりダウンロード
その他 電源 USB Bus powerにより供給
付属品 RS-232Cケーブル 9pinメス-9pinメス クロス結線
  USBケーブル (TypeA – TypeB)


※ BIOS画面はキーボード、マウスが遠隔操作できない場合があります。
※ RS-232C - USB変換ケーブルは付属しておりません。

操作画面

プレゼンテーション用の例になります。

※操作画面以外での目的でIFT-KMEを使用される場合は、無償貸出デモ機での動作確認をお勧めします。

デモ機の貸し出しは「お問い合わせ」よりご依頼ください。

構成例

構成例

お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-26-5134 または