IFT-KME

キーボードマウスエミュレータ(IFT-KME)は、ホストPCからリモートPCのキーボード&マウスを遠隔操作するための制御システムです。

概要

IFT-KME は、対象PCにUSBで接続し制御PCから簡単にキーボード&マウスの遠隔操作を開始できますので、工場などでの単純な繰り返し作業や、決まった操作を制御PCに任せる事ができます。また、他の利用シーンとして、プレゼンターとアシスタンのコンビによるスムーズなプレゼンテーションも実現可能です。

製品の特長

キーボードマウスエミュレータ(IFT-KME)の特長

PCの遠隔操作

  • 作業用PCやプレゼンテーション用PC側には制御ソフトは不要です
  • 作業用PCの操作を遠隔操作でのサポートやパワーポイントの遠隔操作サポートが可能です

すぐに使える

  • 遠隔操作される側のPCには一切のソフト不要(インストール不要)
  • マウスと同じ感覚でIFT-KMEをUSB端子に接続するだけ

高度に使える

  • 複数のPCを同時制御可能。
  • キーボード&マウスを遠隔操作できますので、あらゆるアプリケーションを遠隔操作可能です。

安心して使える

  • ネットワークを利用したリモート操作ソフトと違いUSB接続のためセキュリティの心配無し

アプリケーション、OSに関係なし

  • 本製品はHID準拠マウス・キーボードとして認識されますので、USB端子よりFA機器、医療機器等のブラックBOX化された製品を制御できます
  • 提供される制御ソフト以外での目的でIFT-KMEを使用される場合は、無償貸出デモ機での動作確認をお勧めします

外観

外観

主な仕様

主な仕様(IFT-KME)

通信方式 ホスト側 RS-232C。1ポート。クロス接続。
  Remote側 USB1.1。1ポート。
認識
デバイス
USB接続しているPCのデバイスマネージャーには、
以下のように認識
  キーボード HIDキーボードデバイス
  マウス HID準拠マウス
  ソフトウエア 指定URLよりダウンロード
その他 電源 USB Bus powerにより供給
付属品 RS-232Cケーブル 9pinメス-9pinメス クロス結線。1.8m
  USBケーブル (TypeA – TypeB)。1.5m


※ BIOS画面はキーボード、マウスが遠隔操作できない場合があります。

操作画面

プレゼンテーション用の例になります。

※操作画面以外での目的でIFT-KMEを使用される場合は、無償貸出デモ機での動作確認をお勧めします。

デモ機の貸し出しは「お問い合わせ」よりご依頼ください。

オプション

オプション

RS-232C-USB変換ケーブル
(D-subタイプ、USB1.1、ケーブル長さ1.8m)

構成例

構成例

お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-26-5134 または